2016年4月28日木曜日

すべては好奇心からはじまった忘我亭のこと


忘我亭について少しお話しします。



忘我亭の推進力になっているもの。それは「好奇心」かもしれない。
蓼科という場所に好奇心というアンテナを立てて、気がつけば21年も経っている。

具体的にどういうことかというと。。。
◎なにか画期的な、サプライズに満ちたワクワクするような食事を作れないか→洋の技と和の伝統を融合させて試行錯誤する…目指すは自分たちの脳内の奥の奥の未知の味。出来上がったら、試食してもらいたくなる→みなさんに背中を押され、気がつけば予約制のディナーのお店になっていた。

◎ワインも同じ。忘我亭のディナーにあうワインはどんなのがいいだろう。はじめはフランスやイタリアの有名な製造元のものを扱っていたけれども、どうもしっくりこない。探しているうちに時代が向こうからやってきた。ヴァンドナチュールという自然派のワイン。優しくて体にも良く、料理の味を邪魔せずワインの馥郁とした奥深さもあじわえる。

◎作ったごはんに似合う器はどんなのがいいかな→作家ものが似合うかな→よし、探しに行こう→見つける→私達だけ楽しむのはもったいない。作品展もしてしまおう→ギャラリーオープン

◎遠くからディナーを召し上がりに来てくださるのはいいけれども、都会からだったら泊まるとこないなあ→それなら、うちにゲストルームつくろう→スタッフは夫婦二人なので無理はできないから1日一組限定として。

とまあ、こんな感じで、忘我亭はディナーとギャラリーとゲストの泊まる宿泊で成り立つことになった。

そして予期せぬことに
マダムの方は6年前から突如、絵を描き始めた。
絵を描き始めると、ギャラリーとしていままで見えないものが見えてきた。
作品は上手い下手ではないんですね。
それは器展をやっていたときにも感覚としてわかってはいたけれど、手応えとして確かなものに。
「心を掴むもの」「グイグイ掴んで離さないもの」それがあれば成り立つんだと。
絵の道を手さぐりで進むにつれて、無名でも感動させる作品を作る人にいっぱい出会うことになった。尊敬するアーティストもいる。

そして、毎年10月には「着想は眠らない展」を開催することになる。今年で4回目を予定。
もう、やめようと思ってもやめられない。
作品を見るとその人の「たましい」が見えて来るから。「たましい」に触れるともう後戻りできない。
魅入られるということばが一番かもしれない。
ここから巣立つ人も出て、腕試しに来てくれる人や、もう大物なのに新たな世界を広げるために参加してくれる人、応援してくれる人もたくさん出てきた。見に来てくれる人もたくさん、
忘我亭の好奇心も、少しは世間に役に立っているのかなと思う。

すべては好奇心からはじまった。

だから・・・忘我亭は色々な顔を持つけれども「何屋さんですか?! 」とは聞かないでください。
これを全部説明すると小一時間かかるし、聞いたあなたも飽きてくる。
忘我亭もきっと途中で はしょって
「好奇心を美に昇華したモノです」などと口走ってしまうかもしれませんから。


2016/4/27 記す











2016年4月22日金曜日

「お箸の国のスプーン」展はじまりました


木下輝夫さんの「おさじ」
おさじ一本変わるだけで、こんなにもご飯の時間が楽しくなるとは、夢にも思いませんでした。
木下さんのおさじを使うために
「あ、今日はシチューにしよう」とか「野菜のスープにしよう」とか
「オムライスやカレーもいけるね」とかね。
食事の支度タイムの想像力がひろがります。

それは木の持つ「ぬくもり」なのか
木下さんの手業の揺らぎによる「さじかげん?!」なのかわかりません。
両方が掛け合わさっているのかもしれませんね。

赤ちゃんからお年寄りまで、きっとずっと使い続ける大切な日常のアイテム。

ようやく見つけた「お箸の国のスプーン」たち
ぜひ、お運びくださいませ。

サラダトングやバターナイフも揃っています。

4/22〜5/8   お休みは4/25と26
正午〜午後5時






























2016年4月19日火曜日

熊本・大分の地震



*先日起きた熊本・大分を中心とする地震。日が経つにつれて深刻さが明らかになっています。
まだまだ余震も続いています。被災されたかたがたには、心よりお見舞い申し上げます。
一刻も早く、元に近い生活ができますように祈っております。


余談ですが
今回の地震の構造をみてゆくと、どこで何が起きてもおかしくはない気がします。
普段からの用意オコタリナク。。。
栄養学的に見てゆくと、ナッツ・チョコレート・ドライフルーツはエネルギー源になります。
それだけあれば、万全という意味ではありませんが
緊急持ち出し袋などにおまじないがわりに入れておくとよいかもしれません。

あと、
湯船には毎晩水をいれておくのは、母の代からのうちの習わしです。











2016年4月13日水曜日

テーブルのメンテナンス

今日はテーブルのメンテナンスをしています。
あまりお客様にはご説明していませんが、忘我亭の4つのテーブルとカウンターは
オープンの時に大町在住の家具作家・横山浩司さんに創っていただいたものです。
ミズメザクラの固い板は、21年たった今でも牢固現役です。

風合いを保つための手入れは、何年かに一度。
ちょうどワインのしみなどもついてきたので、電気サンダーと細かい目のやすりで磨きました。
これからドイツ製の天然由来の塗料で薄くコーティングします。
連休を迎える前の、すきま時間の使い方です。



















2016年4月12日火曜日

高遠城址公園の桜

ここ茅野の街も桜が満開。
蓼科ビレッジ入り口の元おそば屋さんの前の桜は、梢全体がピンク色に大きく膨らんできました。
開花はもうすぐです!

画像はきのうの伊那市・高遠城趾公園、桜雲橋をわたった門の前。
プロジェクターで桜イメージを石畳に投影していました。
桜のカタチはしばらくすると、白い球になって吹き飛ばされていきます。
昨夜は冷え込んで、1℃でした。
桜もびっくりしたことでしょう。



















2016年4月5日火曜日

作家訪問


アメリカンテイストの味わいを持つ陶作家を訪問してきました。

いままでの作家の方とは少し肌合いの違う、ピュアな方でした。

また後日、お料理などを載せてupしてみます。

































2016年3月12日土曜日

井上有一展と金沢卯辰山工芸工房展

先日、金沢21世紀美術館で行われている「井上有一展」と「金沢卯辰山工芸工房展」に行ってきました。
井上有一さんは内田鋼一さんの作品とコラボで展示されている事もあるので、ぜひ!と思っていました。
井上さんは墨にエナメルやボンドを混ぜたりの描法や「貧」や「花」という字に表されるその人の生き方がクロスして、底知れぬ表現宇宙ができていました。
「書」というククリから解き放たれて、筆一本で自身のインナースペースを書いているという壮絶感がありました。
卯辰山工房展。。。忘我亭でもおなじみの3人。。。
金属の藤田有紀さんの、どでかいオブジェはさらに進化して、それ一体だけで周りの空気をもファンタジーに変えてしまう軽快な圧力あり。
ガラスの小坂未央さんの22柱が横につながっていく泡のオブジェも圧巻。
山脇千尋さんの漆芸も一番始めに目に飛び込んできました。展示の仕方、考えたのですね。
新しいパワーあふれる方たちの作品からも輝きを感じました。


小坂さんには5月中からはじまる「Early Summer展-3つのはつなつ」にて忘我亭で個展をお願いしています。
3人(+1)の方にそれぞれの「はつなつ」を表していただくのですが、メンバーなど詳しくは日を改めてご案内いたします。